支笏湖・山線プロジェクトについて

温故創新 支笏湖・山線プロジェクト
     ~ジオラマと鉄道模型と映像を使った王子軽便鉄道の復活~

              ―支笏湖・山線プロジェクト実行委員会―

支笏湖から流れ出る千歳川には「山線鉄橋」と呼ばれる橋が架かっています。
歴史を遡ると1908(明治41)年から1951(昭和26)年まで、王子製紙苫小牧工場と支笏湖畔、さらには千歳川沿いの王子製紙第4発電所(千歳市水明郷)まで延長約40㎞を結び「山線」の愛称で親しまれた王子軽便鉄道に使われていたもので、当初は木橋だったものが1924(大正13)年に現在の橋に架け替えられました。
この橋は北海道内に現存する現役最古の鋼橋で、千歳市の有形文化財に指定され、朱色に塗られたその姿は今では周りの景観に溶け込み支笏湖のシンボルとなっています。
   
当時、この山線には全長約8.2m、重さ約8.4tの小さな蒸気機関車11両が、軌道幅762㎜のレール上を発電所建設資材や木材などの輸送に当たり、その後一般客の乗車も許され、苫小牧と支笏湖双方の発展に寄与してきました。そして、当初アメリカからの輸入であった蒸気機関車は、後に3両がものづくり技術の集積地であった小樽で製造されています。
これらの歴史を見守ってきた山線は製紙業の歩みを物語る産業遺産として、山線鉄橋とともに2007(平成19)年、国の近代化産業遺産群33に登録されたほか、2018(平成30)年には山線鉄橋が選奨土木遺産に認定されました。
そして、現存する唯一の蒸気機関車(三代目4号機)は苫小牧市内の公園に今も大切に保存されています。

現在の支笏湖は、札幌市内から車で約1時間、新千歳空港から約40分という好立地でありながら、手つかずの自然と静かな水辺空間を保っており、この大自然は長い歴史を誇る温泉とともに他の観光地では味わえない魅力です。

明治、大正、昭和、平成そして令和の時代へ、技術がめまぐるしく進歩するなかで、
この時期に改めて地域の歴史を振り返り、希薄になりつつある技術の記憶を残し、将来につなげていくことは意義深いことと考えます。

そこで、かつて王子軽便鉄道が敷設されていた苫小牧~支笏湖、それぞれの地域の歴史の中で、特に支笏湖の発展の礎となった山線の歴史をジオラマと鉄道模型と映像で再現し、その歴史的役割や先人たちの努力など、有形・無形の価値を現代に伝える展示施設の整備を進めています。

※温故創新(おんこそうしん)とは:温故知新の「故(ふる)きを温(たず)ねて新(あたら)しきを知(し)る」の意から作った造語